Entries

2016年を振り返り(校報「広瀬っ子」9号より)

 今年を振り返ると、リオオリンピックや岩手国体があり、スポーツのイベントがとても多い年でした。広瀬小学校でも、国体に参加する愛知県選手団のために応援旗を作成し激励しました。また、会場を彩る花をプランターに植えて選手の皆さんをおもてなししました。競技に参加した選手団の中には、喜んでくれて持ち帰った県があったそうです。
 長かったように思われた二学期も終わります。2016年は159日間登校しました。広瀬小学校でも、二学期は江刺区水泳大会、奥州市陸上大会、校内ロードレース大会や学習発表会などたくさんの大会や行事を行いました。一人ひとりが輝く場面がたくさんあったと思います。
 一年生さんは、ランドセルの重さにひっくり返りそうでいましたが、今では元気に地区センターまで歩いて行けるように成長しました。給食も残さずに食べられる人が増えてきたのも成長のあかしです。
 二年生の教室から聞こえてくる算数の「掛け算九九」の大きな声。学級でも、職員室でも毎日聴こえます。それには、暗唱の確認の検定があるからです。まず、家庭で確認を受け、学校で職員室の先生に検定を受けて、最後は校長の検定を受け10秒以内なら合格となります。ほとんどの児童が最終九の段のところまで来ています。これからの算数の基本となる学習なので頑張っています。是非二学期に終わらせたい学習の一つです。さらに、広瀬小学校で恒例となっている各学期のまとめである全校での漢字と、計算のテストも行いました。二学期も、1回で満点や合格できた児童の皆さんは、自分の取り組みに満足したことでしょう。残念ながら、合格できずに校長室で再テストを受けた人たちは、悔しい思いをしたことと思います。しかし、努力の甲斐あって全校児童が無事合格することができました。おめでとうございます。
 さて、一年で一番長い学期も終わろうとしています。どんな締めくくりをしますか。校舎内の掲示物を見ても、学級の勉強の様子を見ても成長の様子がうかがえます。新年に向け、一年の締めくくりとして自分の夢をもう一度確認してみるのも大切なことだと思います。そして、新しい年に向けてすがすがしい気持ちでスタートをしてみてはどうでしょう。
生活の基本「早寝、早起き、朝ご飯」も自分の将来の夢をかなえる大切な一歩になると思います。規則正しい生活を心がけ、1年の締めくくりをしっかりして新しい年を迎えられるといいですね。そして、将来の夢に向かって羽ばたけるように準備してみてはどうでしょう。「努力は、無限です!」「可能性も無限です!」みんなさんに与えられたチャンスを、どのように日常に活かしていくかが問われているように思います。さあ大きく羽ばたこう広瀬っ子。 (校長 高橋 元壽)

校長エッセー

今年は何にチャレンジしますか
 校長 高橋 元壽

「新年あけまして、おめでとうございます」。
今年も、よろしくお願いします。
雪もなく、思ったよりも暖かな冬休みとなったことと思います。
それが、3学期が始まろうとする18日からの雪で一面が真っ白となりました。
「びっくりポン」です。
始業式の日、雪の中を元気に登校した児童はいつものように昇降口の雪かきを手伝ってくれました。
本当にありがとうございました。
子供たちは、恵みの雪を十分に活用する取り組みもスタートしています。
休み時間になると、校庭では雪遊びをする低学年の児童の姿が毎日のように見られます。
体育の授業では、そり遊びをする学年の姿もみられ冬本来の「広瀬っ子」の生活がみられます。
雪の中で滑り台までやっています。雪や風に負けず元気に遊ぶ子供たちの姿に、私たち職員も元気をもらっています。
今年の冬休みは、どんな生活をして過ごしたのでしょうか。
1月22日に冬休みの研究・作品発表会を行いました。
提出された総数は71点(調査・研究が4点、工作が40点、手芸が22点、習字が4点)で夏休みと同様に複数の出点者がありました。
本当に有意義な冬休みとなったことがうかがわれます。
特徴的に感じたのは、夏休みはじっくり時間をかけた調査・研究が多かったこと。
今回は、おうちの中で家族とじっくり取り組んだものが多かったことかと思いました。
発表会には、保護者の皆様もたくさん見学に来ていただき子供たちの励みにもなりました。
本当にありがとうございました。
私の冬休みは、昨年同様たくさんスキーをしました。
30年以上続いている友達グループの会です。
中学生から社会人、定年を過ぎた人まで10名ぐらいでスキーをしています。
性別も年齢も、職業も生活も違う集まりですが趣味のスキーが共通点です。
そして、わずかに上達したいと思う気持ちがあるグループなのだと思います。
ここ10年ぐらいは私が指導する側にいます。
わからないことや、できないことを、人に教えることは簡単ではありません。
身振りや、手振りでやって見せて、それでも同じことができないこともあります。
すぐに上達する人はとても少ないのではないでしょうか。
教える側と、教えられる側の課題が一つになって、不思議に思ったことや疑問を抱いたことが少しずつ解決することで上達していくのでしょう。
何事も、疑問に思うことチャレンジしてみることや辛抱すること、継続することが必要だと思っています。
さて、1月は3学期のまとめの時期であると同時に、新しい年の始まりでもあります。
新鮮な気持ちで迎え、課題を振り返り、課題を解決する具体的な計画を立て、一つずつ確実に実行していく月になると思います。目標を持ち、何にでも進んでチャレンジできるように期待しています。
明るく、元気な「広瀬っ子」の健やかな成長の手助を、職員一同がんばりますので保護者・地域の皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
   【広瀬小学校校報 第10号より】

校長エッセー

平成27年の締めくくりを考える
 校長 高橋 元壽

今年の12月、「師走」になってもどうしたことか寒い日は少なく、むしろ暖かく穏やかな日が多く続きました。
一度は積もっていた雪も、12月としては記録的な雨によってすっかり消えてしまいました。
それでも、ハクチョウの鳴き声や、空を飛ぶ様子が見られるのは、間近に冬将軍の雪が迫っているのかもしれません。
おそらくどこの小学校でも二学期の終わり頃の時期になると、2年生の教室から聞こえてくる算数の「掛け算九九」の大きな声。
広瀬小学校でも、毎日聴こえます。
それには、暗唱の確認の検定があるからです。
まず、家庭で確認を受け、学校で職員室の先生に検定を受けて、最後は校長の検定を受け10秒以内なら合格となります。
ほとんどの児童が最終のところまで来ています。
二学期に終わらせたい学習の一つです。(算数の基本となるので頑張っています。)
さらに全校では、広瀬小学校で恒例となっている学期のまとめとなる漢字と、計算のテストを行っています。
二学期も、全校計算テストと全校漢字テストを実施しました。
今回は、学習の重点として漢字を取り組むこととしました。
そこで、学習期間を長くするため先に漢字テストを実施しました。
1回で満点や合格できた児童の皆さんは、自分の取り組みに満足したことでしょう。
残念ながら、合格できずに校長室で再テストを受けた人たちは、悔しい思いをしたことと思います。
しかし、努力の甲斐あって全校児童が無事合格することができました。
おめでとうございます。
どの学級からも朝夕にさわやかな歌声が聞こえます。
朝の始まり、すがすがしいスタート。
そして帰る前の締めくくりとしての合唱は校長室にもさわやかさが伝わってきます。
これが、三学期に入ると卒業式に向けた歌の練習に変わってきます。
さて、二学期も江刺区水泳大会、奥州市陸上大会、校内ロードレース大会、学習発表会等たくさんの大会や行事がありました。
一年で一番長い学期も終わろうとしています。
どんな締めくくりをしますか。
校舎内の掲示物を見ても、学級の勉強の様子を見ても成長の様子がうかがえます。
新年に向け、一年の締めくくりとして自分の夢をもう一度確認してみてみるのも大切なことかと思います。
そして、新しい年にスタートダッシュをしてみてはどうでしょう。
「早寝、早起き、朝ご飯」や「勉強」は自分の将来の夢をかなえる大切な一歩になると東北大学の川島先生は話していました。
2015年も終わります。
規則正しい生活を心がけ、1年の締めくくりをしっかりやって新しい年を迎えられるといいですね。
そして、将来の夢に向かって羽ばたけるように。
「努力は、無限!」です。「可能性も無限!」です。
みんなに与えられたチャンスです。
   【広瀬小学校校報 第9号より】

074_どうぶつたち

校長エッセー

今年も大成功 児童会祭り 
 校長 高橋 元壽

野山の木々はすっかり冬支度が始まっています。
今年は、広瀬小学校の柿がいつになく豊作で、たくさん取れたので3・4年生で干し柿にしました。
また、学級花壇も整理して来年の準備を始めました。
間もなく、5年生の米、4年生のリンゴ、3年生のコンニャクを材料に収穫祭が予定されています。
11月20日には、広瀬小学校児童会祭りが体育館で全校児童により開催されました。
今年も、児童会が主催し、各委員会が活動を企画実施することとしました。
とても盛り上がった児童会祭りを紹介します。
<図書委員会>
例年の活動である読書ウィークの表彰と、梁川小学校と取り組んだ学校読書対決の発表をしました。
今年も、広瀬小学校が勝ちました。
さらに、パネルシアター「わらしべ長者」という本をイラストを交えて図書委員が読み聞かせをしてくれました。
児童全員が、真剣に聞き入っていました。
<視聴覚委員会>
全校児童にアンケートを実施し、それを基にしたクイズラリーを今年も実施してくれました。
学年の興味や関心が伝わるように工夫された内容で、とても楽しく児童全員が参加できる内容に整理されていました。
1学年から6年生まで全問正解者した児童が出ました。
総数16人も出てびっくりしました。
<保健・給食委員会>
今年も「豆つかみ大会」を全校児童で行いました。
縦割りの清掃班でチームを作り、職員チームも参加しました。
30秒間にいくつ豆を移動できるかを競います。
みんなに見つめられ、チームの声援を受け今年は職員チームが優勝しました。
最高で18個も移動できた児童もいました。
今年も大声援でとても盛り上がりました。
<環境・運動委員会>
今年は、縦割り清掃班を二つに分けて団扇でボール運びのゲームを実施しました。
1年生から6年生まで全員が真剣にリレーをし上手にボールを運びました。
体育館中が熱気に包まれ暖房機がいらなくなりました。
児童会祭りを運営してくれた執行部の皆さん、委員会の皆さんは夕方遅くまで頑張って考えを出しあい、役割を分担して当日もしっかり運営してくれました。
上級生の皆さんの活動から、次の学年へと活動が移っていきます。
このような自治的活動をたくさん実施できる学校は、みんな仲良く明るく元気な児童の多い学校です。
とても、有意義な時間を提供してくれた執行部の皆さん、委員会の皆さん。
そして、楽しく仲良く参加できた自分自身に大きな拍手をおくり児童会祭りが終了しました。
寒くなってきました。
風邪をひかないように規則正しい生活をしましょう。
   【広瀬小学校校報 第8号より】

校長エッセー

地域で育つ広瀬っ子
 校長 高橋 元壽

朝晩の気温は一桁の日が続き、季節の移り変わりを肌で感じられるようになりました。
校庭の木々も、緑の部分が少なくなりすっかり色づいた葉は散り始めています。
空は、どこまでも青く日中は気温も上がり寒暖の差が健康に影響を与え始めています。
各学年でマスクをする児童が増え、ぽつぽつと欠席する児童も出ています。
食事や服装等に気を付け元気に登校することを期待しています。
先日学習発表会が行われました。
来賓の方々やお家の方々、地域の方々もたくさんおいでいただき毎日取り組んでいる学習の成果が発揮でき、素晴らしい学習発表会にすることができたと思います。
大勢の皆様のご来校に感謝申し上げます。
前半の1年生から4年生までの発表は、見ている人の心を和ませ明るく楽しい演技であったと思います。
担任が選ぶ発表なので人選に当たっては、それぞれの児童の生活や行動が目に浮かぶ配役になっていたと思います。
もちろん、本人が希望したキャストを演じていたことは間違いありません。
各家庭より感想をいただきました。
初めての全校合唱についても高い評価をいただきありがとうございます。
子供たちは、毎月児童会からの提案で朝の歌を歌ってきました。
その成果を十分にご披露できたと思います。
後半は、高学年の発表に心を動かされたのではないでしょうか。
皆様よりいただいた感想にも、多くの方が「見ている人に伝わる」「感動した」「学年の成長を感じられた」など、内容が難しいけれど真剣に演技に取り組んでいる子供たちへの評価が見受けられました。ありがとうございます。
1年生は、毎年敬老会に出演し生活の様子を演技として発表しています。
さらに今年は、江刺区民運動会が3度目の広瀬地区大会となり、アトラクションとして広小剣舞を披露することになりました。
広瀬振興会からの依頼があり全校児童で披露することになりました。
準備の期間が、学習発表会と重複するので子供たちには負担のかかる出演でしたが、地域を挙げての行事なので広瀬小学校でも十分に準備をして臨みました。
運動会以来、練習していなかった剣舞でしたが上級生を中心に練習を重ね、地区センターのグランドでも本番を想定し場所の確認などを真剣に練習しました。
当日は、天候にも恵まれ、とてもよい披露の場となりました。
江刺区10地区の人たちが集まる行事なので、どこの学校でどんな伝統芸能を伝承しているかわからずにいた方々も多く、「神楽」「獅子舞」「鹿踊」や「剣舞」の伝承をしている学校の話が本部テントでは盛んに行われていました。
そして、広小剣舞が1年生から6年生までしっかり継承されていることに驚いていました。
地域の皆さんに育てられ明るく元気に、毎日友達と仲良く楽しく生活している広瀬っ子の皆さん。
これからも元気にみんなで頑張っていきましょう。
   【広瀬小学校校報 第7号より】

049_合そう

校長エッセー

秋空のもとで元気な広瀬っ子
 校長 高橋 元壽

青々としていた校庭の木々は色づきはじめています。
朝夕の気温も低くなり季節の移り変わりが肌で感じられるようになりました。
今年は、5連休のシルバーウイークがありました。
9月に入って6年生の修学旅行から現在は、低学年は校内マラソン大会の取り組みと学習発表会の取り組みを両立させています。
高学年も奥州市陸上記録会の取り組みや、校内マラソン大会の練習と学習発表会の取り組みを両立させました。
今年は、どの学年も雨のために体育の授業でマラソン大会のコースを試走する機会が少なくなってしまいました。
1年生は、どこまで走ったらもどっていいのか折り返しがわからずに試走をしていました。
やっと2度目の練習で折り返しの場所も確認、ペースもつかみ2年生との合同体育では見事に3番でゴールする1年生も出てきました。
秋空の下、近所のご家庭からの声援にも励まされ今週はグランドやマラソンコースを楽しく走っています。
当日は秋晴れとなり、青空の下で元気にマラソン大会を楽しみました。
たくさんの声援ありがとうございました。
高学年の皆さんは、昨年から始まった奥州市の陸上記録会の練習を一ヶ月続けてきました。
大会への出場資格は5・6年生だけでしたが、リレーメンバーの少ない学年があるため、3・4年生からお手伝いをいただいて5年生のリレーチームを作りました。
さすがに、奥州市全体の大会のためレベルが高く昨年は入賞者が1名だけでした。
今年は、選手が目標を持ち種目練習に取り組んだこともあり3種目で入賞をすることができました。
テントでは選手のためにみんなで応援をしました。
協力する大切さは普段の生活や練習の時から感じているので団結したとても素晴らしい応援をしました。
参加者全員が広瀬小陸上チームとしての目標を持ち、みんなが協力して一生懸命に練習した成果が大会で表れました。それから、練習には参加していましたが大会に出場できなかった3・4年生の皆さんの支えがあったことも忘れられません。
個人記録の向上やリレー記録の向上があったのも、3・4年生の皆さんの協力のおかげだと思います。
ありがとうございます。
つい最近まで、きれいな花が色とりどりに咲いていました。
花は実になり収穫の秋を迎えています。朝夕の寒さと共に、新緑の野山は色づきはじめ台地全体がきれいな花に変わりはじめています。
もうすぐ学習発表会です。
お家の方々、地域の方々もたくさん見に来ると思います。
毎日取り組んでいる学習の成果が発揮でき、素晴らしい学習発表会となることと思います。
たくさんの皆様のご来校をお待ちしております。
明るく元気に、毎日友達と仲良く楽しく生活している広瀬っ子の皆さん。
これからも元気にみんなで頑張っていきましょう。
   【広瀬小学校校報 第6号より】

109_かかし

校長エッセー

2学期のスタートにあたり
 校長 高橋 元壽

長かった25日間の夏休みが終わって、また広瀬小学校に全校児童57名の元気な声が響いています。
2学期の始業式で、夏休み中の様子を聞いてみました。
児童のみなさんから楽しかった様子がうかがえました。
とても有意義な夏休みであったことがうかがえます。
夏休み中には、奥州市東部地区水泳大会が岩谷堂小学校プールを会場に開催されました。
約3週間の短い練習期間で、本番の大会を迎えましたが選手の皆さんは練習の成果を発揮して好成績を収めることができた水泳大会となりました。
昨年は残念なことに1位種目が一つだけでしたが、今年は六種目で第1位となりました。
男女24種目中、6種目での1位入賞でした。(4分の1種目)
さらに、新記録も2種目ありました。
また、練習での自己ベストタイムを上回りゴールする児童が多くどの選手も大健闘しました。
5・6年生だけでのエントリーが不可能な種目には、3・4年生からお手伝いをいただいての参加種目がありました。
当日は、みんなの声援を受け全員が頑張ったおかげで大幅にタイムを短縮することができました。
夏休みの課題(宿題)としての作品が、今年も視聴覚室に所狭しと並びました。
図画・習字・工作等は、30点以上。調査・記録・観察研究も30点以上が並びました。
合計すると広瀬小学校の児童数を上回っていました。
それは、一人で二つ三つとチャレンジした人があったからです。
どれもじっくり時間をかけ集中して取り組んだ様子がうかがえました。
長期休業中に立てた計画を頑張って実施した成果の表れと思います。
今年も1年教室前と職員室の前には、朝顔が元気に蔓を伸ばし、赤や紫の花を青空に向けて咲いています。
学級花壇や菜園では、みんなでいっぱい手をかけた野菜が収穫の時期を迎えています。
どの野菜も成長の跡が見られます。
何事も目的をもって行動し、努力することが結果に結びつくように思います。
水泳では、たゆまぬ練習であったり、宿題では、忘れずに毎日継続する規則性や努力であったりするのでしょう。
結果を出すためには、見通しを持つことや、毎日の努力や継続が大切になってくると思います。
一年間で一番長い2学期がスタートしました。
規則正しい生活を心がけ将来の夢を実現できるように頑張っていく広瀬小学校児童の皆さんに期待しています。
それには、おうちの方々・地域の方々のご支援やご協力が必要になります。
これからも元気で明るい「広瀬っ子」の成長のためにご支援ご協力をよろしくお願いします。
   【広瀬小学校校報 第5号より】

035_とびこみ

校長エッセー

自らを成長させるために
 校長 高橋 元壽

職員室前の花壇では、マリーゴールドや日日草やサルビアが赤やピンク、白や青と、きれいな花を咲かせています。
5月から育てた花が元気に育ち、校庭の花壇は色とりどりに美しさを競っているようです。
1年生は、今年も5月から学級前のテラスで朝顔を育てています。
大きな花弁が赤や紫に青空を向いてきれいに咲いています。
毎日水をやったり、観察記録として絵日記を書いて成長を見守っています。
2年生は、学級の畑できゅうりやミニトマトを栽培しています。
ちょうど収穫できる大きさになり、子供たちが毎日収穫しています。
わかたけ学級の畑でもレタス、きゅうり、ピーマン、なす、ネギなどを栽培し生活の時間に調理実習をしています。
3年生は、体育館裏の畑でこんにゃく芋を栽培しています。
1年後の種芋から4年物まで順調に成長し収穫が楽しみです。
3年前の先輩が植えた芋が今年の秋に食べられるように成長します。
花も野菜も、大きな実やきれいな花を咲かせるために、目に見えない地中では、深く長く大きく根を張り水分や養分をたくさん取り込んでいいます。
花は、1年できれいに結果を出しますが、こんにゃく芋は、食べられるまでには4年もかかります。
すぐに結果の出るものがあると思えば、いつ結果が出るかわからないものもあります。
それでも、結果を出すためには、見えないところで継続的にたくさんの努力が必要なことがわかると思います。
それを、「いつ」「どこで」「誰が」やるか?ですよね。
そして、育てたいものが順調に育っていくには、毎日の取り組みが結果として花を咲かせ実を結んでいくのだと思います。
花や作物なら忘れずに水をやり、丹念に雑草を取る努力が必要なように。
人間にも同じく努力や勉強が必要な時期があるはずです。
それを、「いつ」「どこで」「誰が」始めるかで成長が促されるのではないでしょうか。
6年生になると、江刺東中学校へ入学する小学校の皆さんと勉強する時間があります。
今年も7月7日に、5校の皆さんが広瀬小学校に集まり勉強をしました。
お互いに良い刺激を与え切磋琢磨する様子が見られました。
中学校に入学する前に、お互いをよく理解し合い次の中学校での学校生活に慣れる準備をしています。
これも成長を促すための刺激といえるでしょう。
もうすぐ夏休みです。
家庭での生活も、普段の学校生活と同じように規則正しくしっかりと過ごすことが大切です。
すべては、自分を成長させる準備につながります。明るく元気に、そして仲良く楽しく生活している広瀬小学校の皆さん。
思い出に残る夏休みになるように、保護者、地域の皆様のご支援とご協力をよろしくお願いします。
   【広瀬小学校校報 第4号より】

校長エッセー

いろいろな活動を通して学ぶ
 校長 高橋 元壽

プール横の花壇には、いろいろな種類の野菜が植えられました。
今年から、学級花壇の場所が変わりました。
職員室前は、マリーゴールドや日日草、サルビアが植えられましたが、学級花壇は校庭の南側のブロックに移動することになりました。
これからも、花壇にはきれいな花が咲くでしょうし、学級菜園では色々な野菜が実をつけてくれることでしょう。
6月に入り、学校行事として1年生から5年生まで校外学習が実施されました。
1・2年生は、スクールバスで「給食センター」や「図書館」などを見学しました。
3・4年生は、花巻に出かけ「宮沢賢治記念館」や「童話村」を見学してきました。
どの学年も、学校では勉強できないことをそれぞれの場所で学習してきたことと思います。
また、昼食の弁当も青空の下、みんなで仲良く食べて学校とは違ったおいしさを感じることができたと思います。
5年生は、金ヶ崎青少年の家で宿泊学習を体験し、とても有意義な時間を共にすることができたと思っています。
ウオークラリーでは、道に迷ってみんなで考え行動し、時間をオーバーしてのゴール。野外炊事では、カレーをとてもおいしく作り堪能することができました。
夜は、一つのテントに電気のない中で楽しく話をしながら、一日目の楽しかった夢を見て眠ったことでしょう。
校外学習では、各学年における発達段階を考慮した達成目標を、学校行事を通して実践することで、社会生活に結び付いていくことを期待しています。
1年生から4年生までの感想からは、とても楽しかったことや見学先での対応に感謝していることがつづられていました。
ちょっと暑かったようですが、みんなで仲良くお昼やおやつを食べたことが学習をさらに深められたのではなかったでしょうか。
22日は、ふれあい学級で祖父母の皆さんと、高学年はスポーツ交流をしました。
低学年は、昔の遊びを通して交流を図りました。子供のころにするいろいろな経験は、どんどん蓄積されてそれが大人になった時に財産となっていくと考えられています。
近年各学校では、キャリア教育が推進されていますが、キャリア教育については家庭でのお手本が大切な経験となります。
本での学習はあくまでも学習で、子供たちにとって身近に感じることはできないことが多いものです。
たくさんの体験的活動を通し、実際に見聞を深めることが今後のキャリア教育にも役立つものと考えています。
ご家庭での会話や、保護者の皆さまの後姿をみて成長していることが感じられる校外学習であったと思います。
学校での学習と、家庭での体験が両輪となって広瀬小学校の児童がますます成長することを願い皆様のご支援とご協力を今後ともよろしくお願いします。
   【広瀬小学校校報 第3号より】

校長エッセー

みんながヒーロー広瀬小学校運動会
 校長 高橋 元壽

広瀬小学校の周りには、4月の桜の花に始まってスイセンやチューリプが咲きました。
5月は、つつじも見事に咲きました。
春から初夏にかけては、本当に色々な花が咲き毎日学校に来るのが楽しみです。
予行練習の日まで、雨で練習が延期となることも少なく予定された2週間の内容はほぼ取り組むことができました。
練習の成果が発揮されて全学年堂々とした素晴らしい入場行進を見せてくれました。
(顔がしっかり前を向き、手を大きく振り脚が揃っていました。)
24日は、快晴の天気で汗ばむようでした。
開会式での1年生挨拶は、1週間の短い練習でしたが全員で声を揃えて開会宣言をすることができました。
徒競走やリレー競技は、練習では見せたことのない接戦した走りとなり、ドキドキハラハラのレースで競技がたいへん盛り上がりました。
(得点こそ、大きく差が付きましたが)応援合戦も最終応援まで接戦し、審査員の先生方を悩ませる工夫した内容でした。
各学年、工夫を凝らしたチャンスレース。
練習するたびに順位は違っていたのではないでしょうか。
親子レースも、子供たちだけの練習と本番で保護者の皆さんと本気で競技したのでは順位が違っていました。
子供たちにとってもご家庭や地域の方々にとても楽しみなひと時であったと思います。
ご協力ありがとうございました。
来賓テントでは、3・4年生のチャンスレース「どんじょっこ」が話題となりました。
誰が考えたレースでしょうか?
みごとな、どじょうすくいですね。
など・・・。
恒例となった団体競技、「チェッコリにのって」も各組団応援団や会場の皆さんまでが、ノリノリの応援となり楽しみな競技として定着したように思いました。
皆さんが楽しみにしていた、広小剣舞。
始めての1年生は、事前に6年生から全体的な流れについての指導を受けました。
さらに全校児童で、剣舞の先生方からご指導をいただきました。
短期間でもあり、短い時間の練習は集中したものでした。
運動会当日の、衣装を着けての踊りはとても迫力がありました。
保護者の皆さまには、児童の着付けにご協力いただきありがとうございました。
5月3日の江刺甚句祭りでは、広瀬小学校児童による踊りの花が見事に咲きました。
そして、校庭に色とりどりの花が咲いたように、広瀬小学校にも色とりどりの個性豊かな子供たちの花が咲くようにこれからも職員一同頑張りたいと思います。
子供たちの、学習に対する前向きな取り組み。
上級生による、下級生の指導。
また、保護者、地域の皆さまのあたたかいご声援やご支援があってこそ成功した運動会であったと心より感謝申し上げます。
運動会スローガン「燃やせ広小魂 勝利を目指すみんながヒーロー」今日は、どの児童もヒーローに輝いたと思いま。
今後とも、広瀬小学校の教育活動に対しご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
   【広瀬小学校校報 第2号より】

Appendix

カウンター

プロフィール

奥州市立広瀬小学校

Author:奥州市立広瀬小学校
▼校長▼
門前 雅紀

▼副校長▼
高橋 卓也

▼電話番号▼
0197-36-2117

▼FAX番号▼
0197-36-2117

アクセス方法

〒023-1133
岩手県奥州市江刺区広瀬字柿ノ木421-3
※画像をクリックすると詳細な地図がご覧いただけます

●高速道路でのアクセス
水沢ICから40分
北上金ヶ崎ICから40分

●鉄道でのアクセス
JR東北本線 水沢駅 下車36分
JR東北本線 金ヶ崎駅 下車30分
JR東北新幹線 水沢江刺駅 下車36分

●飛行機でのアクセス
花巻空港から46分

※すべての移動方法が車の場合

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

検索フォーム

給食センターから

QRコード

QR